~世界の解像度を上げるブログ~
5分で詳しくなる【寒天】
5分で詳しくなる【寒天】

5分で詳しくなる【寒天】

世界の解像度を上げるブログ「せかいぞ」、今日のテーマは「寒天」です。

つるっとした食感が特徴の寒天ですが、一体何からできているのでしょうか?

よく似た存在にところてんがありますが、一体何が違うのか?

この記事を読めば、たった数分だけで詳しくなれますよ!

 

 

 

寒天の材料

寒天を作るには、まずところてんを作る必要があります。

そのところてんの材料は海藻です。特に天草(てんぐさ)、オゴノリなどの紅藻類が使われます。

天草を煮て、その汁を濾して冷やしたものがところてんです。

そして、ところてんを冷凍させ、乾燥させると寒天になります。

 

 

 

寒天の歴史

江戸時代、冬の京都で外に放置したところてんが偶然白い乾物となりました。

屋外に干したところてんが夜間凍り、昼間に解凍されるのを繰り返すと水分が抜けて寒天ができます。

信濃の商人が海のない冬の農家の副業として広め、現在でも長野県は寒天生産で日本一です。

 

 

 

寒天の使い道

沸騰させると溶け、常温では固まることから、ゼリーや和菓子などに使われます。

主成分は食物繊維なので、腸を整えたり、介護食にも入っています。

また、寒天はカロリーがほぼ0なので、ご飯をかさ増しすることでダイエットに役立ちます。

他にも、カプセル剤はゼラチン製が多いですが、植物性を求める人のために寒天でできたカプセル剤もあります。

 

created by Rinker
¥986 (2024/04/21 14:31:13時点 楽天市場調べ-詳細)

さらには、化粧品や芳香剤などを液体からジェル状にするときに加える、最近を培養する実験の下地など、食品以外の用途もあります。

 

 

 

created by Rinker
¥883 (2024/04/21 14:31:14時点 楽天市場調べ-詳細)

以上、寒天についてまとめてみました!

寒天生産日本一の長野県の友人が、長野県のかんてんぱぱの商品が好きで、特にこのパオパオ杏仁がお勧めだそうです。

私も食べたことがありますが、食感や喉越しが最高でした!

ぜひ、一度お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です